スーツは安いほど良い

スーツには阿呆みたいに高いものが沢山あります。イタリアのブランドアルマーニのスーツなどは

まさしくその代表的な存在です。ファッションに疎い私もしっているくらいです。
しかしスーツにお金をそんなにかける必要は全く感じていません。

ブランド信仰の薄っぺらい感性は私には残念ながら存在しないので、スーツは安ければ安いほど、
いいのです。例えばアルマーニのスーツが50万円したとしましょう。

そうすれば5000円のスーツが100着変えるのです。3日に1着着たとしても
毎日新しいスーツを着ることが出来ます。同じスーツをず~っと着こなすよりも
毎日違うスーツを着ている。これこそ究極のオシャレというものではないでしょうか。

私は夫がいつもファッションに気を使ってファッションセンターしまむらでスーツを買っている
ことについて大正解だと思っています。
それで間違いないでしょう。素晴らしいことですね。

そしてスーツは安ければ安いほどシンプルでかっこいいというのはもはや常識になりつつあります。
スーツは値段ではなく何着もっているのがステータスになる時代なのです。
なので激安品を100着そろえることがファッション業界でスタンダードになってくるでしょう。
これは疑いのない事実ですので